個別講義塾のデメリット

集団塾と比べて費用が掛かる

個別講義塾は費用相場が高めなのがデメリットの一つです。集団塾を利用する時と料金を比較してみると、倍以上のコストが掛かりますので負担が増しやすいと言えます。中にはリーズナブルな料金プランを打ち出しているところもあるようですが、安いところですとプロ意識に欠けるアルバイト講師が担当するケースもあるのです。塾における個別講義というと、プロ講師がしっかりと指導をしてくれそうなイメージを持たれるものの、講師の品質にはバラツキがあるのが実際のところです。選び方が良くなければ、子供の成績の伸びにも影響を及ぼしますので、個別講義塾を利用するにしても適切な選択をしなければいけません。安易に選ぶようなことはせず、色々な塾を比較検討しながら納得のいくところを見付けましょう。

子供の心理によって成果が変わる

指導を受けるのは生徒である子供ですが、子供自身の心理もデメリットになり得ます。例えば、他の生徒がいないことで競争意識が芽生えにくくなります。集団塾の場合は沢山の生徒と一緒に学びますので、その中でライバルができることもあるでしょう。負けたくない気持ちが芽生え、勉強への意欲がより一層高まることに期待ができます。かたや個別講義塾ですと競争心を育みにくく、子供自身の自主性が低いと、なかなかやる気になれないことも考えられます。講師との相性問題も軽視できません。担当する講師によっては、子供からすれば苦手だったり嫌いに感じたりする可能性があります。大人でも相性の良くない相手からの指導では受け入れにくく思うものですが、子供の場合もそれは同様です。また子供は、「勉強のため」と割り切ることができない分、講師との相性次第で成果がより左右されやすいと言えます。

© Copyright Lecture Cram School. All Rights Reserved.